受託調査レポート

業界向け調査レポートの範囲ではお客様のご要望を満足できない場合、弊社はお客様のご要望に基づいて調査企画書をご提案、調査を実施いたします。
調査結果は報告・説明会を実施いたします。質疑応答を通して報告内容の背景などをご説明、お客様からの当初のご要望への対応に努めます。

主要なリサーチ製品分野

弊社では主に以下の製品分野について調査を実施しています。

主要なリサーチ製品分野
事務機器 複合機(MFP)、プリンタ、FAX、幅広コピー機、生産型プリンタ、スキャナー など
業務用ディスプレイ 業務用大画面ディスプレイ、薄型テレビ、液晶パネル(LCD) など
新材料 太陽電池、LED など
IT情報機器 パソコンおよび周辺機器、各種記憶装置メディア、産業ロボット など
携帯電話 携帯電話機、スマートフォン、ワイヤレス電話機、コンテンツ など
経済法律関係 独立禁止法、知的財産権、人材管理、地域経済、経済特徴分析 など

主なリサーチ分野

競合企業戦略
製品戦略
販売チャンネル戦略
販売戦略
価格戦略
ユーザー調査
顧客満足度調査
技術提携調査
買収(M&A)調査
商圏調査
新製品関連調査
中国経済情勢分析
中国投資FS調査
市場予測

リサーチ方法

弊社調査員による訪問調査を実施します。
調査対象先は、メーカー、販社、各種協会・団体、政府、学校、研究機関等の関連専門家です。

レポートの特徴

研究データには連続性・継続性があります。
報告書にはデータ以外に分析・提言も含んでおりますので、市場をより深くご理解いただけます。
中国の地域別(31省毎の動向)市場を継続して専門的に研究しています。
自社社員による独自調査を行っておりますので、お客様のご質問にすぐにご対応できます。
受託調査レポートは報告会を実施し、現場にて質疑応答を行うことで、お客様のレポートへの理解を深めます。

調査のご依頼から納品・報告まで

調査のご依頼から納品・報告まで
  1. お客様のご希望を把握
    お客様のご要望を伺い、理解して正確に把握することに務めます。
  2. 企画書作成
    ヒアリングしたご要望に基づいて弊社の長年のノウハウを活かし、お客様にご満足いただける調査企画書を作成してご提出します。
  3. 調査契約締結
    調査内容・お見積もり等をご確認をいただき、調査契約を締結いたします。
  4. 半金ご請求
    締結した調査契約内容に基づいて、お客様に契約金額の半金をご請求いたします。
  5. 調査活動開始
    弊社社内で調査準備を行い、情報収集活動を実施いたします。その後、収集した情報をまとめ・整理・分析して調査報告書を作成いたします。
  6. 報告書提出
    調査報告書を電子ファイルでご提出します。調査報告書の言語は日本語の他、中国語、英語での対応も承ります。
  7. 報告会実施
    お客様よりご要望があった場合は報告会を実施いたします。調査報告書の内容をご説明し、報告会場でお客様のご質疑に調査担当者が応対いたします。
  8. お客様からのご質疑応答
    報告会の有無とは関係なく、お客様よりご質問があった場合は迅速に対応いたします。
    また、報告会の会場ではご回答できなかったご質疑につきましては、後日、確認の上で対応いたします。
  9. 報告書検収
    お客様におきまして報告書内容を検収していただき、ご依頼どおりの報告書であるかご確認いただきます。
  10. 契約実施終了
    お客様による調査報告書の検収後、契約の残金をご請求いたします。