2013年 中国PPに関する市場調査 (PPデジタル印刷機 デジタル印刷システムと)

2013年中国PP市場の調査は、市場シェアと各メーカーの販売戦略を調査し、各メーカーの販売量と市場規模の変動要因を分析することを目的とする。本レポートは販売戦略の調整の参考となる情報を提供する事を目的としたものである。
本レポートでは、市場での位置づけ、白黒・カラー、地域、ユーザー層等の多角的視点から市場データを分析した。調査内容として、各メーカーのアフターサービス戦略、販売拠点、人員配置、対応時間等の観点から分析を行い、各メーカーの販売・アフターサービス部隊を比較した。また、PP中古機市場の状況を調査し、中古機市場が新品市場に及ぼす影響について分析した。
本レポートは【市場編】と【メーカー編】の2部構成である。調査対象は、富士施楽、佳能/OCE、恵普、柯尼卡美能達、理光等の主要PPメーカーである。
弊社は2005年から印刷設備の調査研究を行っており、長年に亘る累積データと研究データにより、最も正確な市場情報を提供する事を約束します。

発刊日2009.3 体裁PDF電子版 / A4紙版 レポートコード
調査地区中国
調査対象PP
キーワード中国
このレポートは一般向けに販売しております。詳しくは下記のフォームからお問い合わせください。

リサーチ内容

目次

【市場編】
1. 参入メーカー一覧
  1.1 参入メーカー製品名概要
2. 各メーカー製品の市場での位置づけ
3. 市場規模推移及び見込
  3.1 販売量推移
  3.2 白黒、カラー別市場規模推移及び見込
  3.3 メーカー別販売量及びシェア推移(白黒+カラー)
  3.4 メーカー別カラー機販売量の社内における比率
4. メーカー別MIF推移
5. ユーザー層比率(2012年MIF)
  5.1 メーカー別ユーザー層比率(2012年見込MIF)
6. PV及び1枚当たりのカラー印刷料金(2012年)
7. 見込み客発掘手法
8. PP販売組織体制比較
  8.1 組織体制概要
  8.2 メーカー別販売拠点一覧
    8.2.1 直販拠点 
    8.2.2 代販拠点
  8.3 拠点人員配置
    8.3.1 販売部隊拡大動向
    8.3.2 アフターサービス部隊拡大動向
  8.4 直販、代販チャンネルユーザー層、製品比較
9. アフターサービス
  9.1 保守、サービス方針
  9.2 保守サービス拠点
  9.3 保守、サービス契約内容
    9.3.1 契約比率
    9.3.2 アフターサービス契約条件
    9.3.3 対応時間
    9.3.4 ダウンタイム保障
10. 製品一覧
  10.1 メーカー別白黒、カラー別機種数
  10.2 メーカー別カット紙、連帳紙別機種数
11. 各メーカー別今後の注目ユーザー、製品分野
12. 中古機市場に関する情報
  12.1 全体MIF推移
  12.2 中古機流通ルート
  12.3 中古機市場における主なブランド現状
  12.4 中古機と新品市場との関連性
13. 今後の市場性及び拡大条件
  13.1 今後の需要市場
  13.2 市場拡大条件

【メーカー編】
【1】 柯尼卡美能達
1 基本状況
   1.1 企業概要 
   1.2 ショールーム 
   1.3 DISデジタルイメージスクエアコンセプト
   1.4 沿革 
   1.5 拠点一覧
2 製品ライン定義
3 全体販売量推移
   3.1 白黒、カラー別販売量推移
4 白黒、カラー別MIF販売量推移
5 地域別比率(2012年MIF)
6 ユーザー層比率(2012年MIF)
7 見込み客発掘手法
8 PP販売組織体制
   8.1 組織体制概要 
   8.2 直販、代販チャンネルのユーザー層、製品比較 
   8.3 販売部門組織系統 
   8.4 拠点分布及び大区区分 
   8.5 拠点別販売、アフターサービス人員の編制
9  事業拡張動向
10 アフターサービス体制
  10.1 アフターサービス方針
  10.2 アフターサービス拠点
  10.3 アフターサービス契約比率及び関連内容
    10.3.1 100%全包保守アフターサービス契約比率
    10.3.2 契約条件
    10.3.3 対応時間
    10.3.4 ダウンタイム保障
11  ディーラー一覧
12  製品一覧
【2】 理光
【3】 佳能&OCE
【4】 富士施楽
【5】 HP Indigo

このレポートは一般向けに販売しております。詳しくは下記のフォームからお問い合わせください。